(WordPress)Dynamic Widgetsで特定のカテゴリに独自コンテンツを設置する

本ブログではマペット作品関連コンテンツの割合が高くなってます。
作品に興味をもってくれた方には「こういうのもあるよ!」と提案してファンを増やしていきたい=特定カテゴリ以下の回遊性を高めたいわけです。
独立したブログにすることも考えたのですが、移行させるのは難しい。というわけで、特定のカテゴリ(下の画像で緑色になってる範囲)に独自コンテンツを設置することを試みてみました。
イメージ
簡単に作業内容をメモっておきます。

プラグインのインストール

Dynamic Widgets
ウィジェットの表示条件を細かく指定できるプラグイン。一部日本語化されており、管理画面などでは「ダイナミックウィジェット」と表示されます。

Dynamic Widgets | QURL Application Solutions
Dynamic Widgets gives you full control on which pages a widget will display. It lets you dynamically show or hide widgets on WordPress pages by setting conditio...

ウィジェットからコンテンツを設置する

管理画面、ウィジェットから、任意の位置にメニューやリンクなどのコンテンツを設置。
[ダイナミックウィジェット]の表示が出ているはずなので、設定用のリンク(初期は「一定」)をクリック。
sc08-14-44

設定項目がたくさんあり、ちょっとわかりづらいです。特定だけ表示したい=基本的に表示しないが、特定だけ除外する、といった感覚で設定していきます。

特定カテゴリの記事一覧で表示したい場合
「カテゴリーアーカイブでウィジェットを表示しますか?」を「いいえ」 、
「除外するカテゴリー」で表示したいカテゴリを選択。(「全ての子要素」で以下のカテゴリすべて対象にできます)
sc07-48-56

特定の文字列を含んだURLを除外することもできます。
この場合、「URL」category/muppet/ で終わるURLのみ表示されることで、カテゴリアーカイブの2ページ目以降では表示されないようにしています。
sc08-05-11

複数の条件指定を併用できます。
編集が終わったら「保存」をクリック。

設置例

特定カテゴリアーカイブにコンテンツを設置した例(左)、特定カテゴリの投稿にメニューを設置した例(右)
sc161123m
緑色の部分を特定カテゴリの共通表示として、統一感をもたせ、回遊性を高めようとしています。まだ設置したばかりなので状況をみて調整していくつもりですが。

Dynamic Widgetsを応用して、トップページのみバナーを設置したり、期間指定で表示をさせたりすることもできますので、色々試してみてください。

併用すると便利なテーマ&プラグイン

テーマSimplicity
構造も説明も大変わかりやすく、カスタマイズ性の高いテーマ。投稿ページやインデックスリストなどウィジェット設置位置が調整しやすいです。

Simplicity
内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマを公開しています。初心者でも出来る限り分かりやすく使えるように作成しました。

プラグイン Page Builder by SiteOrigin
投稿やウィジェットにレスポンシブ対応のコンテンツを簡単設置できるプラグイン。簡単にレイアウトできるのでおすすめ。

Page Builder Plugin
Page Builder by SiteOrigin makes it easy to build responsive grid-based page content that adapts to mobile devices with pixel perfect accuracy. It's a whole new...
※コメント欄は廃止しました。ご意見・お問い合わせはこちら
スポンサーリンク