The Muppets(ザ・マペッツ)シーズン1 第2話 あらすじ&補足

ネタがわかりにくい部分や日本語字幕のフォローを主に書きます。

シーズン1 第2話(ep102) Hostile Makeover

あらすじ

機嫌を損ねてしまったピギーの(暴力から自分たちを守る)ため、彼女好みの独身イケメンを番組ゲストに呼ぼうと必死になるカーミットたちだが…

ピギーとゲストが切っ掛けで番組がピンチに
歌手のジョシュ・グローバンをゲストに番組は収録され、ロマンティックなデュエットでピギーも上機嫌に。ホッとしたのもつかの間、二人の関係が必要以上に深まり、彼に影響されたピギーのおかげで番組の方向性がおかしくなってきてしまう。

フォジー、大物コメディアンのホームパーティーに招待される
ジェイ・レノのホームパーティーに招待され、はしゃぐフォジー。つい出来心でやってしまったことがトラブルの元に。

タイトルについて

Hostile Makeover/コード・レッド発令!
適さない模様替え。ピギーの番組の方向性。日本語タイトルはストーリーにあわせてわかりやすいものになってます。

ーーー以下ネタバレーーー

本人役での出演ゲスト

  • ジョシュ・グローバン…歌手。感動的な美声で歌い上げる彼が、あえてヨゴレ役をやる、というネタが楽しいです。彼は「ザ・マペッツ2」にも閉じ込められて歌声だけ聞こえる囚人役でカメオ出演していました。その後もマペッツと共演しています。(記事の最後に動画を貼っておきます)
  • ジェイ・レノ…コメディアン、司会者。フォジーとの話に出てきたジョージ・カーリンもコメディアン。このドラマは俳優やお店などの実名がよく出てきます。(店名は字幕だとそのまま出てこないですが)
  • レザー・アスラン…イラン生まれアメリカ在住の作家。宗教・歴史・政治に関する著書多数。よく番組に出てくれましたねえ。
  • ローレンス・フィッシュバーン…俳優。カーミットに番組の悪口を言い捨てていきました。出番アレだけなのにセリフもアレです。よく番組に出てくれましたねえ。
  • リー・トンプソン…女優。カーミットにちょっと気がありそうでしたね。1,2話はチョイ役とはいえゲストが多いです。

注目マペット

  • アンクル・デッドリー…初登場はマペットシアターの怪人、2011年の映画では悪役側、今作ではピギーのスタイリストとしてほぼ全話にわたって活躍します。不気味な雰囲気を漂わせているキャラとしてマニアの間で人気がありましたが、レギュラーとして出るのは初じゃないでしょうか。ツイッターアカウントもできました。(ファッションブランド風のユーザー名  @unclebydeadly  )
  • ボーボー…2011年の映画でデッドリーと一緒にいた彼。今作で娘がいることが判明。ついでにニュースマンにも別れた妻がいるらしいことが判明。

ネタと日本語字幕の補足

字幕に反映されていないこと、またはジョークや意味の解釈に関すること、あと気になるところ。

クッキー売り
Girl Scout Cookiesという、ガールスカウトの資金集めのためクッキーを売る文化があり、ガールスカウトの少女が街頭で呼びかけたり、この話のように親が職場で売ったりするそうです。(アメリカ在住の方から、職場では直接本人から買うのではなく、カタログから選んでいるという情報あり。)(参考:ガールスカウト – Wikipedia

投げられたもの
ゲスト探しの件でthrow everything!(字幕では「絶対確保を」)と言われて投げられているのは、リュー・ジーランドのブーメランフィッシュ。戻ってこずに掲示板にぶつかってますが。物を投げろという意味で言われたことでもないですが。字幕では「任せろ!」といって投げてました。

デッドリーの目の前で着替えるピギー
彼はピギー専用の衣装も仕立てるスタイリスト役なので、着替えに立ち会うぐらい普通。今までのシリーズで孤立しがちなピギーでしたが、デッドリーとは割と対等な立場で接しているように見えます。ちなみに別にピギーと付き合っているわけでも、デッドリーが同性愛者というわけでもないようです。ミステリアスな彼は、そういうのを超越している感じがします。

ゴンゾの家族?
「ゴンゾ宇宙に帰る」に出てきた家族とは違うのでしょうか。謎。遊びに来ているだけなのかも。

最後のシーンについて
ピギーの相手探しの際、カーミットが「(もしリー・トンプソンと)エレベーターに閉じ込められたら…」と話していました。字幕では略されてましたが。

その他
e-vite…e-mail+invite
sharpies…マジックペン
writing the Bible on a grain of rice…「米粒に聖書を書けとでも…」いわゆる米粒写経?
prison sushi / gas-station sushi…ものすごくマズい、耐えられないことの例えみたいです。ちなみに今回は日本製のトイレ、寿司、プリウス(字幕では「車」)と日本に関するネタが3つもありました。
今回のフォジーの言動…正直どうなんでしょう?ゴンゾの件といい、このドラマではちょっと引っかかる部分もあります。面白いんですけどね。(この辺についてはまた別の機会に)

以降のあらすじも掲載予定です!
The Muppets(ザ・マペッツ)シーズン1 作品レビュー 一覧

※セリフの解釈など相談にのっていただいた皆様、ありがとうございます。もし間違っているところなどございましたら、コメントからご指摘いただけると助かります。

おまけ
ジョシュ・グローバンがマペッツと共演したMVはこちら。(2015年)本来の彼はこういうイメージです。