“Jim Henson: The Works: The Art, the Magic, the Imagination”(洋書)

“Jim Henson: The Works: The Art, the Magic, the Imagination”は、1993年に出版されたジム・ヘンソン作品の集大成的な本です。ハードカバー、フルカラー268ページ、英語版のみ。著者のクリストファー・フィンチはディズニー作品をはじめとしたアート本で知られています。”ディズニーの芸術 ― The Art of Walt Disney“が有名ですね。

この本では、ジム・ヘンソンが関わったCM、TVのミニコーナー等の初期作品からセサミストリート、マペットショー、フラグルロック、映画やドラマまでが年代順で丁寧にまとめられています。ジム・ヘンソンはこの本が発売される前の1990年に亡くなっていますが、その後の作品(マペットのクリスマスキャロルなど)もフォローされています。彼の存命時から10年以上かかって製作されたようです。

劇中写真だけでなく現場の様子やスケッチ、関係者コメント、ゲスト出演者の一覧、スタッフの紹介もあり、図版が多いので英語がよくわからなくても十分楽しめます。(恥ずかしながら私もまだ全部の文章が読めていなかったり・・・)
めくっていくだけで、ジム・ヘンソン作品にどういうものがあったか、どんなキャラクター達がいたのか大体理解できると思います。



初版から20年近く経っていますが、日米のAmazonで新品が比較的簡単に入手できます。(”The Art of Walt Disney”と違って内容のアップデートは行われていないようです)


海外ではジム・ヘンソン関連本が数多く出版されています。最近では2012年に”Imagination Illustrated: The Jim Henson Journal“が発売されました。こちらは、ジム・ヘンソン自身が書いていた記録集などジム・ヘンソン・カンパニー所有の資料を元にしています。後日またご紹介させていただきますね。