「伝説の巨獣 狼男対ゴジラ」を求めて(海外記事紹介)

日本の特撮を中心に日本映画・フィギュア・アニメ等の情報を英語で提供しているウェブサイト”SciFi Japan“に、興味深い記事が掲載されました。

In Search Of Monsters: WOLFMAN vs GODZILLA ≪ SciFi Japan

謎のゴジラ作品として(特に海外ファンの間で)噂になっていた「伝説の巨獣 狼男対ゴジラ」の情報を追い求め、製作者とのコンタクトに成功、近年アメリカのゴジラ&怪獣ファンイベントG-FESTで一部を上映するに至ったというMark Jaramilloさんのお話です。前半の概要はこんな感じ。

子供の頃から怪獣、特撮ファンで日本の出版物も買い集めていたMark Jaramilloさんは、ネットが普及してきた1999年ごろ、ゴジラのファングループでキンゴジ(原文もKinggojiになっている)の尾を引っ張る白い毛むくじゃらのモンスター画像を目撃。
「獣人雪男」関連か?「キングコング対ゴジラ」と同年代の東宝TV番組?キングコングの代用スーツ?などとグループ内で考察される中、他のサイトに掲載されていた写真でスタッフの一人が「レイダース/失われた聖櫃」のキャップを被っていたことを切欠として、これが1962年ではなく1980年代初頭にファンによって製作された8mmフィルム「伝説の巨獣 狼男対ゴジラ」だということがわかった。
その後、画像をプリントしコンベンションやG-FESTでファンやゲストに情報を求めて奔走した彼は、数年後に日本のサイトを通じて監督の中島志津男さんとコンタクトをとることに成功する・・・

原文はもちろんすべて英語なのですが、今までネット上では断片的な情報しかなかったと思われる「狼男対ゴジラ」の詳細が書かれ写真も多数掲載されているのと、Mark Jaramilloさんの熱意がすばらしいので是非読んでいただきたいです。Google翻訳経由でも大体わかる、はずです。

ちなみにこの作品に出てくるゴジラは中島志津男さん、狼男は品田冬樹さんが造形。撮影されてから約30年経った現在でも編集などの作業が続けられており(!)以前のG-FESTで上映されたのはごく一部だそうです。今年2013年7月に開催されるG-Fest XXには中島志津男さんが若狭新一さん、喜多川務さん等と共にゲストとして招かれています。

【参考】海外東宝怪獣Wikiの「狼男対ゴジラ」記事
Godzilla vs. Wolfman – Wikizilla – The wiki of King Kong, Godzilla and more