小さき勇者たちガメラ 2005/08/13 名古屋市役所、名古屋地下街ユニモールロケ

土曜日、名古屋ロケ六日目。昼間は名古屋市役所で少人数エキストラの撮影、夕方はユニモール(地下街)での撮影がありました。
どちらも割と平和な場面です。

◆名古屋市役所(名古屋市中区三の丸3丁目)

前半と中盤に登場する内閣府のシーンは、すべてここで撮影されました。
私も参加しましたので少々詳しく書けます。
エキストラは官僚の役。15名程度だったと思います。
設定上「それなりの年齢の方」のみということで、応募者のほとんどを占めていたと思われる学生やファミリーは選ばれていません。人選が難しかったようで、関係者経由のエキストラも数人いました。
スーツはエキストラの自前です。靴や髪型を直されている人も。また官僚の名札も支給されました。小学館の大全集に一ツ木参事官と戸畑の名札が載っていますが、全く同じフォーマットです。ただ写真や名前は無関係で、性別のみ合わせてあります。映画に映る可能性の殆どない小道具にもこだわるプロ精神を見ました。
エキストラは逃げる役だと思っていたら演技がついたので、驚いていた方も多かったです。


地図参照
市役所本庁舎は昭和8年に建造された建物で、国の文化財に指定されています。(現在も使われています)
近くの愛知県庁舎と共にレトロで威厳のある外見と、名古屋城を模した中央塔が印象的です。
内装も非常に美しく、明治村の帝国ホテルを思わせます。
ロケの合間にちょっとうろついてみましたが、改めて見学に行きたいなぁ・・・
ちなみに映画「笑の大学」のラストシーンで廊下が使われています。

・霞ヶ関の内閣府。廊下を歩く官僚たち。そこへ一ツ木参事官が現れ、皆あわててお辞儀する。
会議室へ入っていく一ツ木。
【名古屋市役所本庁舎 廊下】
何階だったかは忘れました。
数名が「廊下組」ということで選抜されています。
演技もつき、けっこう時間がかかってました。

*写真は別の廊下です^^;

・会議室、一ツ木参事官の元に戸畑が雨宮教授の書類を持ってくる。
書類を机に叩きつけ、巨大生物対策審議委員会は解散したと言う一ツ木。
つき返された書類を持っていく戸畑。不機嫌そうな一ツ木。
【名古屋市役所本庁舎 会議室】
本会議場とは別の場所のようですが、実際に使われている部屋です。
エキストラは全員参加。当日、庁舎内ではクーラーの使用が禁止されており、このシーンもかなり暑かったです。
映画に使用されなかったものも含めると、場面の流れは以下のような感じ。
 ・会議室で雑談、書類確認などをしている官僚たち
 ・参事官が入室、姿勢を正し、一礼する官僚たち
 ・戸畑が書類を持ってくる
 ・一ツ木が書類を叩きつけ、ビクっとして一斉にそちらを見る
 ・しばらく二人の様子を見る官僚たち
 ・自分たちには関係ないとわかり、各自の作業に戻る
 ・戸畑が出て行く
セリフのあるカットはいろんなアングルで複数回撮影されています。
各エキストラには隣の人と話している等の演技がつけられました。
私はカメラ手前の方で書類をチェックしてます。

一ツ木役の田口トモロヲさんは「巨大生物対策審議委員会」というのが言いにくかったようです(そりゃそうだ)
官僚から見れば恐い存在ですが、何度かNGを出された際に「ごめんなちゃい」と謝られていて微笑ましかったです。
このシーンのあと食事。庁舎内では飲食禁止、炎天下でお弁当を食べることに。暑かった・・・
スタッフも外でお弁当を食べていました。

・ジーダス出現、あわただしく人が走り回る内閣府。
戸畑の説明を聞きながら出動する一ツ木参事官。
【名古屋市役所 渡り廊下〜エントランス】

2階から渡り廊下を通り、エントランスに降りていくルート。
写真は渡り廊下を2階から見たところです(この先へ一ツ木たちが降りていく)
ここに選抜されたエキストラはスタッフから「プロジェクトX」と呼ばれていました(田口トモロヲさんだからか)。
逃げる役ではありませんが書類を持って何度かダッシュすることになり、へろへろになりました。
この書類、ちゃんと巨大生物対策審議委員会に関するタイトルや内容になってました。すごい。
廊下を横から撮ったカットですが、渡り廊下の外にベランダがあり、そこにレールを敷いて移動撮影しています。
エントランス付近や撮影道具が移動する場所には保護のためのシートが張られていました。
ここで市役所での撮影は終わりです。

*市役所の写真はロケ当日、撮影の合間に携帯で撮影したものです。
ロケの様子は撮影禁止だったので撮っていません。

◆名古屋地下街ユニモール(名古屋市中村区名駅4丁目)

名古屋駅前、ツインタワーのまっすぐ正面に伸びている地下街。
ユニモールのサイト
地図参照
ちょうどラストでガメラがジーダスに火球を吐いたあたりから、ジーダスがふっとんだ方向になります。
地下鉄桜通線の名古屋駅〜国際センターの一駅分ある、長い地下街です。

・名古屋に着いた透たちが、地下街で道を尋ねる。
お礼を言って走っていく透たち。
【ユニモール 12番出口付近】

写真は映画公開前にユニモールで展示されていたパネルです。
画面に映っているのはすべて事前に募集されたエキストラ。普段はもうちょっと人が少ないです(^^;)
通行人役で拍子抜けした方もおられるかもしれませんが、映りやすい(画面上で認識しやすい)シーンですね。

翌日のロケで、エキストラの出番はほぼ終了となります。

*関連リンク
同日に関するレポートは
ガメラ医師のブログ8月13日のロケの様子
で紹介されています。